診療のご案内

診療のご案内

従来の整形外科にメディカルフィットネスを取り入れ、患者様の症状緩和を目指します。
当院では幅広い患者様に通院していただいております。アットホームな雰囲気のなか、明るく元気なスタッフが個々の患者様のお力になれるよう、日々努めております。

診療科目

整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科

診療内容

骨粗鬆症、神経症、しびれ、骨折、脱臼、打撲、ねんざ、小児整形、スポーツ外傷、スポーツ障害、腱炎および腱鞘炎、切り傷、擦り傷、やけど、皮膚腫瘍、痛風、慢性関節リウマチ、巻き爪の手術、頸・肩・腕・腰・膝・足などの痛み

施設基準

運動器リハビリテーション I
脳血管疾患リハビリテーション III

取り扱い保険

各種保険、労災保険、自動車賠償保険、被爆者保険等

医療機関の皆様へ

整形外科手術後、または退院後の患者様で通院にて運動器リハビリテーションの必要性がある場合にも対応しております。質問等ございましたら、お電話にてお気軽にご相談ください。

シニア

行動的で充実したシニアライフのために

年齢を重ねることにより、内臓機能の低下に加え、筋力の衰えと様々な関節の痛み、バランス感覚の低下等、整形外科的な支障(運動器不安定症 *)が出てきます。当院では、通常の物理療法(温熱療法やけん引等)だけでなく、筋力の増強や痛みの軽減、バランス感覚の向上を目的に、主として運動療法を取り入れています。 大川整形外科は、より明るく行動的なシニアライフのお手伝いをさせていただきます。

* 高齢化により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態

キッズ

行動的で充実したシニアライフのために

子どもたちの健やかな成長のために

クラブ活動やスポーツ系の習い事をする子供たちも多く、近年では小・中学生のスポーツ障害が多く見られるようになりました。こうした成長期のスポーツ障害の発生は、身体の一部を使い過ぎるという原因がほとんどですが、身長が伸びることで、骨・関節・筋肉のバランスが不安定になる場合もあります。
大川整形外科は、ドクターとリハビリスタッフが一丸となり適切な診断・治療・アドバイスを行います。

アスリート

子どもたちの健やかな成長のために

明日のコンディションのために

スポーツ中に大きな力が加わって、一度の損傷で急に発生するものを「スポーツ外傷」と呼びます。また、一度に加わる力は小さくてもそれを繰り返すことによって慢性的に起こるものを「スポーツ障害」と呼びます。

外傷(骨折・脱臼・じん帯損傷等)と使いすぎで起きる障害(テニス肘・疲労骨折等)による様々な痛みやしびれを抱え悩んでいるアスリートは沢山います。 大川整形外科は、スポーツ外傷・障害の治療だけでなく、スポーツ愛好家が予防と再発防止のために、自身の身体を知り、自己管理能力を高めていくために有効なコンディショニングの知識を理学療法士と各種資格を持ったトレーナーがアドバイス、指導に当たります。