スタッフ日記

2018.02.23

オリンピックを見て思うこと

オリンピックも終わりですね(パラはまだです)。選手はもちろんのこと私個人としては代表チーム関係者に心からお疲れさまでしたと言いたいです。夏だけでなく冬もナショナルトレーニングセンター成果出しましたね。

経験上、代表選手って我が強くてそのくせナーバスで本当に本当に病弱です(みなさんアスリートって屈強だとお思いでしょうが、何気に弱いんですよ、例えるなら高回転しているエンジンかな、通常回転に戻したら強いんですけどね)。そんな彼らを支えているスタッフって本当に大変なんです。でも何だろう、それだからこそ感情移入しているので、活躍しても失敗しちゃってもテレビで見ているより感動するんですよ!

代表になれる人は一握りですが、スタッフはボランティアも含めてまだ空席はあると思います。2020東京では私もせめてどこかの会場整理しようかな、でも休んで平気だろうか?  医師 大川徹